にんにくを臭わせない調理法とは?!

美味しいけれど食べた後の臭いが気になるのがにんにく!できるだけ臭いを軽減するための賢い調理法を紹介します(^^)
MENU

にんにくの臭いを抑える調理法とは?!

ニンニクがたっぷり入ったピラフ

 

にんにく料理は食欲を掻き立てるような不思議な美味しさがたまりません♪
しかし!その反面一度口にしてしまうとなかなかしつこい臭いとなって残ってしまうというのが悩みです・・・

 

にんにくにはアリイン、アリナーゼといった成分が含まれており、
それらがにんにくの独特の臭さを作り出します。
>>>にんにくにより口臭が発生するメカニズム

 

もちろんにんにく料理を食べてしまった後でも対策する方法はあるのですが、
そもそも対策するのが面倒くさくてにんにく料理を控えてしまうという人も多いはずです!

 

ただ、にんにくは実はその調理法の工夫によっても多少臭いを軽減することができます!
ここでは食べる前のにんにくに一工夫加えるという視点で
有効な調理法をいくつか紹介したいと思います(^^)

 

電子レンジでチンする調理法

にんにくを調理する前に電子レンジでチンするというのは有効な
臭いを抑える調理法だと考えられています。

 

にんにくの臭いを作り出すアリナーゼは酵素、つまりタンパク質の一種ですが
熱に非常に弱いといった性質を持っています。
にんにくの臭いはアリインとアリナーゼの反応によって生成されるため、
つまり調理法としてレンジで加熱してアリナーゼのはたらきを弱めることは臭いの発生を抑えることになります!

 

にんにくを茹でてから使う調理法

レンジと同じでお湯で茹でてアリナーゼの機能を失わせるというのも
1つのにんにくの臭いを抑える調理法です。

 

ただし、茹でるとにんにく自体の旨みも無くなってしまいかねないので、
個人的にはあまりやりたくない気もします・・・

 

にんにくを切らずに調理する!

にんにくは調理過程で切られたりすり潰されたりするといった刺激が
スイッチとなり、アリシンとアリナーゼが反応!それによって臭いが発生すると考えられています!

 

つまり、切ったりスライスしたりせずに丸々調理してしまった方が臭いが発生しにくいんです。
もちろん、その過程で熱を加えてアリナーゼのはたらきを弱めておくのは必須です!
調理法としては丸々料理にするのは少し抵抗がありますが、
加熱後に切ったりすれば良いので有効な調理法だと考えられます。

 

消臭効果のある食材と一緒に調理

にんにくといっしょにショウガ、ワサビ、パセリ等の消臭効果のあると言われる
食材を用いて調理する方法も有効な調理法の1つです!

 

もちろん、食材のバランスは大事なので
消臭効果のある食材はにんにくよりも多めに入れておいた方が
安全なのは間違いないでしょう。

 

 

 

加える食材は作り料理にも左右されるところなのでケースによっては難しいかもしれませんが、
にんにくの臭いを抑えるための調理法のポイントは基本的には2つ!
にんにくを傷つけない!加熱する!
これに尽きると思います!(^^)!

 

このページの先頭へ
FX,入金方法